モデル市川沙椰の大学は早稲田大学?オタクっぷりがすごい!

シェアする

市川沙椰

市川沙椰さんをご存知でしょうか?現在モデルとして活躍されていますが、その個性的な人柄のおかげで様々なテレビ番組で話題になっています。これからはモデルだけでなくいろいろなテレビ番組に引っ張りだこになるかもしれません。

そんな市川沙椰さんですが、何やら早稲田大学を卒業していて、さらにオタク気質なところがあるとのことなので調べてみました!

スポンサーリンク

市川沙椰プロフィール

項目 内容
名前 市川 沙椰(いちかわ さや)
生年月日 1987年2月14日
出身地 愛知県
血液型 A型
所属事務所 スーパーコンチネンタル

市川沙椰さんは愛知県名古屋市の生まれですが、父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで14歳まではアメリカのデトロイトで育ったとのこと。14歳からはまた日本に戻ってきて過ごしていたところ、スカウトされてモデルデビューとなったようです。

市川沙椰の大学は早稲田大学?

市川沙椰さんは、2010年に早稲田大学の政治経済学部を卒業しています。

これだけの美貌に、頭の良さも兼ね備えているのはすごいですが、実は早稲田大学よりもさらに上の大学を卒業することになっていた可能性もあったようです。

市川沙椰さんは大学を受験するときに父親の母国であるアメリカの大学を受験しており、なんとコロンビア大学・シカゴ大学・ニューヨーク大学に合格していたと言うのです!

これがどれだけすごいのか日本人の管理人には分からないのでちょっと調べました。わかりやすいように「世界大学学術ランキング」で何位に入るか見てみました。

・早稲田大学

世界大学学術ランキングはランク外…。

500位までは載っているのでそれ以下ということです。日本の私立大学といえば慶応・早稲田と言われるほどですがランク外のようです。

ちなみに慶応大学は301-400位の間でした。

・コロンビア大学

コロンビア大学

世界大学学術ランキング8位

コロンビア大学の卒業生には第44代大統領バラク・オバマさんがいるようです。また大学のキャンパスはその美しさと荘厳な雰囲気から多くのテレビや映画のロケに使われているそうです。映画だと「ゴーストバスターズ」や「スパイダーマン」が有名でしょうか。

・シカゴ大学

シカゴ大学

世界大学学術ランキング9位!

シカゴ大学の卒業生には世界的に有名な企業の創立者がおり、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ゴールドマン・サックスなどの創立者を輩出しているそう。経済学が特に強い大学のようなので納得です。

・ニューヨーク大学

ニューヨーク大学

世界大学学術ランキング27位!

全米中の高校生に最も人気のある大学の1つだそうです。その理由は、大学のキャンパスがマンハッタン区にあるワシントン・スクエア周辺に分散しており、ニューヨーク市の中でも特に若者に人気が高いグリニッジ・ヴィレッジ、ウエスト・ヴィレッジ、ソーホー、ノリータなどのオシャレなエリアの中心に位置しているからだそうです。

ちなみにですが、日本最高学府の東京大学は21位です。

これら3つの大学の入学を辞めて、市川沙椰さんは早稲田大学に入学を決めたということになります。なぜアメリカの大学に行かなかったのか謎です…。

市川沙椰が早稲田大学に入学した理由

さて、上にも書いたように市川沙椰さんはアメリカの有名大学の入学を辞めてまで日本に残り、早稲田大学に入学することになったのですが、市川沙椰さんらしい理由があったようです。

それは、モデルの仕事が楽しくなってきてしまい専念したかったから。

市川沙椰さんは下の項目にも書きますが、オタク気質なところがあり、興味を持ったらそれに向かってとことん突き詰めるタイプの方のようです。

アメリカの有名大学に行くことよりも、いま自分にとって興味のある「モデル」の仕事を選んだということですね。損得などを考えずにやりたいことを突き詰めていける人は尊敬してしまいます!

市川沙椰のオタクっぷりがすごい!

市川沙椰さんはその美貌からは考えられないようなオタクっぷりを発揮されているようです。少しだけそのオタクっぷりをご紹介します。

・鉄道オタク

市川紗椰と電車

専門は「車両鉄」と「音鉄」だそうです。その鉄道好きが高じて、『旅と鉄道』という鉄道・旅行雑誌にも連載しているほどです。

また、鉄道のモーター音の録音や扉の開閉の様子を撮影、そして極めつけは自分で路線図を書いてそのダイヤを考えて遊ぶなどされているそうです。

・アニメオタク

市川紗椰とガンダム

銀河鉄道999の大ファンだそうです。鉄道好きと相まってでしょうかね…?

また、ガンダムオタクでもあるそうで、『月刊ガンダムエース』で取材を受けたり、プラモデル作りに熱中しすぎて腱鞘炎を起こしたほどだそう。

・相撲オタク

市川紗椰が相撲観戦

スポーツには基本的に興味はないようですが、相撲にだけは唯一興味があり、中でも「あみたん」こと安美錦と「キセノン」こと稀勢の里の大ファンのよう。

同じく相撲好きの漫画家・熊町みね子と対談した際に、意気投合し国技館までいっしょに相撲観戦をしたそうです。

・ハンバーグオタク

ハンバーグが大好物で、好きすぎるがゆえに全国400軒以上を食べ歩き、自称「バークハンター」と名乗っているほど。

その他にも、ロック好きで5歳からバイオリン、7歳からギターを習っていたり、肌荒れのために始めたグリーンスムージーでレシピ本を出すまでに専門的な知識を学んだりしているようです。

すごいです…。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

市川沙椰さんは元々の頭の良さに加えて好きなものはとことん突き詰めていく性格をお持ちの方なので、好きなものに対しては専門的な知識まで習得していってしまうんでしょうね!

もしモデルに専念せず、アメリカの大学に進学して自分の好きなもので研究職などに就けばその能力を生かして活躍されていたかもしれません。

市川沙椰さんのオフィシャルブログを見ると、さらにオタクっぷりがわかるのでぜひ見てみてください!⇒市川沙椰オフィシャルブログ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする