玉森裕太が火傷で顔に傷?名古屋公演中に演出で事故

シェアする

玉森裕太

Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが10月28日にナゴヤドームで行われたコンサート「2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD」で、火傷を負ったとのこと。

その詳細について確認してみました。

スポンサーリンク

玉森裕太が火傷を負った経緯

2015年10月28日に行われたKis-My-Ft2のナゴヤドームのコンサートでエタマイ(ETERNAL MIND)の曲の最中に、特効の花火が玉森裕太さんの右頬にあたり、火傷を負ってしまったとのことです。

Twitterでその時の画像が出回っていたので参考にご紹介します。

これは痛そうですね…。

火傷を負ったときは血がでるほどの傷だったようですが、さすがにそのときの画像はありませんでした。ただ、この傷の大きさは相当だと思いますよね。

※特効とは…特殊効果の略で、コンサートでよく使われる「火薬」、「スモーク」、「ドライアイス」などの演出を総称したものです。

玉森裕太の火傷の原因は火薬の量?

こんなTwitterの投稿がありました。(真実かどうかは不明です)

消防署に提出している火薬の量を超えて演出に使っていた?というもの。演出を派手に見せるために火薬の量を多くしたのでしょうか。

また、こんなエピソードも…

火を扱う演出のときには最大限に安全を考慮して作ってほしいですよね…。時にはアクシデントがあるのはわかるにはわかるのですが。恐いですよね。

玉森裕太の火傷のその後

これだけの火傷の傷ですので、その後が気になりますよね。火傷を負った10月28日のコンサートの約1週間後の11月5日に「よーいドン!」という番組に出演したそうで、その時の画像があります。どうぞご覧ください。

火傷直後と比較すると傷は薄くなってますが、かなり傷跡が残ってますよね。

ただ血が出るほどの火傷を負ってまだ約1週間しか経っていないので、まだ完全に完治していないと思われます。これから徐々にかさぶたになっていき、元の肌に治るんじゃないでしょうか。

いずれにしても、早く傷が癒えるといいですよね。